HOME >  製品販売 >  路肩渋滞検知装置

製品販売
PRODUCTS

製品一覧に戻る >
路肩渋滞検知装置
赤外線カメラをセンサーとして使用しLED表示板へ渋滞発生を表示します。
  • 特徴
    • 交通量計測装置では検知不可の路肩渋滞に対しても有効です。
    • 表示板数、表示内容、保持時間等は自由に設定、変更できます。
    • 本線外(ランプ路肩等)に発生する渋滞検知にも有効です。
    • 既存の構造物に取り付けることもでき、大規模な設置工事が不要です。
    • 無線通信方式で線路等の確保が不要(現場条件によりオプション)
    仕様
    • 【赤外線カメラ】
    • 解像度:320×240ピクセル(CIF)
      フレームレート:30FPS
      焦点距離:7.5mm、9mm、13mm
      検知距離:0-20m、15-60m、30-90m
      設置高:3.5m-12m
      圧縮方式:MJPEG、MPEG-4、H264
      材質(本体):アルミニウム
      外形寸法:直径120mm
      重量:950g(本体のみ)
    • 【LED表示板】
    • システム概要:VIP-IP
      カメラタイプ:IPカメラ専用
      ビデオ入力:IPvideo: VGA, 4CIF or D1
      エンコーディングフォーマット:H.264, MPEG-4, MJPEG
      対応ラック種別:19インチフルラックおよびハーフラック対応
      使用環境温度:-34℃~+74℃
      M T B F:200,000 時間
      消費電力:4W以下
      動作電圧:Box,24V DC(+/- 15%)
      サイズ(H×W×D):130 mm × 41 mm× 190 mm
      重量:200g
お問い合わせ
大阪支店 営業部:谷口 勇人
TEL:06-6264-7766
製品お問い合わせフォームはコチラ >